人気ブログランキング |

<   2015年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

有島記念館

ニセコについて調べていたとき、
「わぁ、こんな建物があるんだ~。」と、
とても気になっていた建物がありました。
それは羊蹄山やアンヌプリを一望できる「有島記念館」。
実現はしなかったけれど、当初はこの近くに住みたいなぁという
希望を持っていたものです。

札幌農学校を卒業し渡米した有島武郎。
その後「或る女」や「生まれいづる悩み」などを執筆しました。
その有島武郎を偲んで造られたこの記念館には、
素敵なホールがあり、周りの公園は美しく整えられています。

先日、その有島武郎の命日を偲んで、
ヴァイオリンとピアノのコンサートが開かれました。
街の行事のようで、入館料は無料。
このチャンスを逃すわけには行かない!と、
私は家族を引き連れて楽しみに聴きに行って来ました。

お子さん連れのご家族は我が家の他にはひと組だけ。
やはりクラシックコンサートを聞きに来る方の年代は高い。
ちょっと場違いだったかな・・・と思いつつも、
ホールの後ろに見える素晴らしい眺めにうっとりしながら、
私は久々のコンサートにウキウキ。

が・・・子どもたちの持たないこと!
開始数分にして飽きた次女は夫に任せて退出し、
「のだめカンタービレ」で、のだめと峰くんが
演奏していたベートーベンの「春」が何としても聴きたいと、
何とか頑張って座っていた長女もそれが終わると終了~。
結局休憩時間に私も退席することとなりました。(涙)

君たち!家で散々クラシックを聴かせているじゃぁないか。
もうちょっと楽しんでくれると思っていたのだけれどな・・・。
でも、そう言えば私も小学生の時に連れて行かれたクラシック
コンサートで、最初から最後まで寝ていたらしいので、
人のことは言える立場では無いということかも知れないです。
周りの皆さまには少しバタバタして申し訳無かったです。

ということもあり、前半のみで終了となってしまったけれど、
でも、久々にプロの演奏家の方のクラシック音楽に触れて、
自分の立ち位置、そして自分が目指したい方向性が
また再確認できたような気がします。

ようし、5年以内にこの有島記念館の素敵なホールで
演奏させて頂くチャンスを得てやるぞ~と、
野望を抱く私でした。
若いミュージシャンが武道館に憧れるように、
今の私の憧れは、やっぱり有島記念館なのでした。

有島記念館_c0350839_13025513.jpg

何はともあれ、
次回のコンサートからは私一人で行くことにするか・・・。






by pikininimusic | 2015-06-08 13:09 | Comments(0)