人気ブログランキング |

<   2019年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

コンサート秘話のひとつ

ニセコの観光名所はいくつかあるけれど、
その中でも外せないスポットのひとつは高橋牧場さんだと思う。

横浜に住んでいた当時、ニセコ大好き夫に連れられて小樽に帰省した時は、
必ずニセコに日帰りドライブに来ていたのだけれど、
その中でも大好きで必ず立ち寄っていたのが、この高橋牧場さん。

ミルク工房はソフトクリームを筆頭に、ジェラートやシュークリーム、
チーズタルトなどスイーツがとても美味しく(そりゃ、牧場だからねぇ)て、
ここに立ち寄るのが最大の楽しみと言って良いほどだったのだけれど、
(今やビュッフェ、ピザ屋さんなども大人気で、まさに飛ぶ鳥を落とす勢い。)
こうしてニセコに移住し、道の駅のおおみち農園さんも然りだけれど
知り合いが徐々に増え、


ついに!?


高橋牧場社長のお嬢さんでもあり経営者でもあり店長さんでもある
〝ゆうこりん〟とコンサートで共演する仲になりました。

我ながらびっくりだ。(*^^*)


ゆうこりんも現在小さなお子さんが2人いる二児の母。
でありながら、〝子育てママの会〟と言う、子どもたちのために託児やイベントを企画する会の代表を務め、超多忙な中で、子どもたちのために奔走して活動している。

偶然にも合唱部出身で歌が大好きという。。。
彼女の方からピキニニコンサートをお手伝いしたいと言ってくれて。
3回目のコンサートからご一緒させてもらっています。


で、前置きは長くなったのだけれど、


実はね、このコンサートを続けるに当たって、まぁ、色々とあったけれど、
会場費のことでも色々とあったんです。
ま、突然移住して来た訳だし信用してもらうまで時間が掛かるのは仕方のないことだけれど。これはピキニニも然り。。。


でも別にそんなことはもうどうでも良くて、このゆうこりんが格好いいのだよ。


やはり人の上に立つような人は違う。
その人を育てたお父さんも、違う。


詳しくは書けないけれど、私は経営者になりたい訳では無いし、
なれるとも思っていないし、向いていないとも思っているけれど、


でも、人として格好いい人間になりたいと思う。


このコンサート会場を利用する経緯で、実は一度すごく迷ったことがありました。
私の行動に対して夫にはメリットが無くリスクだけがある。と言われました。
これはピキニニ経営者としての意見だから、最もでありました。


でも私は自分が正しいと思う行動を取りたかった。


そしてその時の行動が実は今に繋がっている。
そのきっかけを作り、今の流れに繋げてくれたのがゆうこりんだ。


その時協力してくれた〝ゆうこさん〟
彼女もまた尊敬すべきお一人だ。


〝迷った時は得をする方では無く、自分が正しいと思う方を選べ。〟


という言葉があったと思うのだけれど、


いや、無いか?私の思い込みか?
いや、無かったとしても私が作った言葉にしよう。


そんな言葉を思い出しました。


これだから人生は面白いね。(*^^*)


。。。。って、すみません、何のことか分からないね。



尊敬できる人との出逢い。


それはきっと、自ら行動を起こすことによってチャンスが生まれ、広がる。
ということ。


あ、もう一人、忘れてはいけない、
Pikininiを応援し、見守ってくれるずっと変わらず格好いい人がいるな。
彼も経営者だ。。。

いや、そう考えるとまだまだたくさん尊敬すべき人はいる。
特に私は、音楽を通してたくさんの尊敬する人と出逢っている。




音楽に助けられる。



それはとても幸せなことだ。




✳︎ありがとう✳︎






by pikininimusic | 2019-06-28 13:43 | Comments(0)  

コンサート無事終了!今回も頑張ったぜぃ!

23日(日)心配だったお天気も午後には太陽が顔を出し、
5回目のpikinini コンサート無事に終了しました!
いつもながら皆さまのご協力とご尽力に感謝感謝です。
来てくださった皆さま、本当にありがとうございました。

次回は12月のクリスマスコンサートを予定しております。
今後もどうぞよろしくお願い致します。(*^^*)


photo by Hitomi san & Minasama

✳︎Special thanks✳︎

コンサート無事終了!今回も頑張ったぜぃ!_c0350839_21430627.jpg
コンサート無事終了!今回も頑張ったぜぃ!_c0350839_21425507.jpg
コンサート無事終了!今回も頑張ったぜぃ!_c0350839_16403037.jpg
コンサート無事終了!今回も頑張ったぜぃ!_c0350839_16403837.jpg
コンサート無事終了!今回も頑張ったぜぃ!_c0350839_16404722.jpg
コンサート無事終了!今回も頑張ったぜぃ!_c0350839_16405535.jpg
コンサート無事終了!今回も頑張ったぜぃ!_c0350839_16420371.jpg
コンサート無事終了!今回も頑張ったぜぃ!_c0350839_16421097.jpg
コンサート無事終了!今回も頑張ったぜぃ!_c0350839_16422859.jpg
コンサート無事終了!今回も頑張ったぜぃ!_c0350839_16424484.jpg
コンサート無事終了!今回も頑張ったぜぃ!_c0350839_16430493.jpg
コンサート無事終了!今回も頑張ったぜぃ!_c0350839_16431501.jpg
コンサート無事終了!今回も頑張ったぜぃ!_c0350839_16432780.jpg
コンサート無事終了!今回も頑張ったぜぃ!_c0350839_16464066.jpg
コンサート無事終了!今回も頑張ったぜぃ!_c0350839_16435094.jpg
コンサート無事終了!今回も頑張ったぜぃ!_c0350839_16440405.jpg
コンサート無事終了!今回も頑張ったぜぃ!_c0350839_16441889.jpg
コンサート無事終了!今回も頑張ったぜぃ!_c0350839_23150096.jpg
コンサート無事終了!今回も頑張ったぜぃ!_c0350839_23151128.jpg

コンサート無事終了!今回も頑張ったぜぃ!_c0350839_22112255.jpg

コンサート前は次女の入院、長女の受験など、色々な局面を乗り切って来た過去を持つ私ですが、今回は本番5日前に右手に大火傷!
人差し指、中指、薬指少しをガッツリやられてしまって、指が焼かれているように痛くてその日の夜はさすがに心が折れかけたけれど、でもこうして無事に終わってみると、大好きな音楽を、好きなように出来ることが、やっぱり幸せなのだ。

もうどうしようもないね。


と言うわけで、一度きりの人生を悔いなく過ごしたいと思います。
皆さまも楽しい毎日を!!!(*^^*)







by pikininimusic | 2019-06-27 16:47 | Comments(0)  

Pikininiコンサート 明後日開催です!

いよいよ今週日曜日開催です!

ニセコ駅前中央倉庫群〝1号倉庫〟にて。
13:00開場 14:00開演
日常を少し離れた、楽しい時間を全力でお届けします。
お誘い合わせの上ぜひ気軽にお越しください。(*^^*)

皆さまのご来場を心よりお待ちしております。

*******************************************************

今回で5回目となる、ニセコ町在住の有志ママたちによる
Pikininiコンサートを、6月23日(日)14:00〜 (開場は13:00)
ニセコ駅前中央倉庫群〝1号倉庫〟にて開催します。(*^^*)

今回のテーマは〝旅〟
1部はいつも通りディズニー、ジブリを始め、インディージョーンズやスターウォーズなどの、旅にまつわるワクワクする曲が満載!

2部はアメリカ、南米、ヨーロッパ、中国などから大人の方にもしっかりと聴いて頂ける名曲を集めました。

小さな子どもや子育てに忙しいママたちを始め、町の方みんなが楽しめる音楽の時間を提供したい。との想いから、入場無料(1オーダー協力制)で、0歳のお子さまからどなたでもご入場頂けます。
が、演奏は至って真剣勝負の本格派。(^_-)皆さまのお越しを、関係者一同心よりお待ちしています。



Pikininiコンサート 明後日開催です!_c0350839_14071687.jpg


Pikininiコンサート 明後日開催です!_c0350839_10514357.jpg


本番前に限って色々とハプニングが起きるのはいつも通りですが、

今回もそれを跳ね返す情熱で挑みます!


頑張るぞ〜。






by pikininimusic | 2019-06-21 10:53 | Comments(0)  

アディオス・ノニーノ

良い解説と素敵な音楽。
勉強になります!

************************************************************************
「アディオス・ノニーノ」

ピアソラがニューヨークを拠点に不遇のアメリカ生活をしていた1959年に作曲。ピアソラはこの曲を、自身の作曲した作品の中で最高の曲と称し、「それ以上の作品書こうと何度も試みたが、書けなかった」と語っている。
曲のタイトルの「ノニーノ」とはイタリア語で「おじいちゃん」という意味で、ピアソラの父ビセンテの愛称。ビセンテはピアソラに音楽を教え、バンドネオンを与え、タンゴの道へと導いてくれた人物で、ピアソラにとって、実の父親であると同時に、音楽の父でもあった。
そんな最愛の父の死に際して書かれた曲がこの曲であり、ピアソラから父への鎮魂歌でもある。 ピアソラは、この曲を作曲する前の1950年代前半にタンゴに限界を感じ、コープランドやバーンスタイン、バレンボイムなど数々の音楽家を指導したナディア・ブーランジェ女史の門をたたく。
しかし、彼女はピアソラに「あなた自身の音楽をやりなさい」と進言し、ピアソラは再びタンゴの世界へと戻ることになる。
この曲は、そんなパリ留学時代のモチーフが元となっている。 父が教えてくれたタンゴと一度は決別し、再びタンゴに戻ってくるも不遇のニューヨーク暮らし。そんな矢先に、音楽との出逢いを与えてくれた父を亡くしたピアソラの胸の苦しみはいかばかりであっただろうか。

この曲は、大きく分けて2つのパートで構成されているが、作曲された当初は前奏のカデンツァ部分はなかったという。以下、カデンツァに関するエピソードである。

・・・1969年に五重奏団が再結成された時に、ダンテ・アミカレリというピアニストが加入する。彼は、ジャズ出身のピアニストで、大変にテクニックに優れた技巧派で、なおかつ初見もお手のものという凄腕であった。ある日、ピアソラは彼のピアノの腕前を試すべく、コンサート前日にたった一晩でこのカデンツァを書き上げた。もちろんアミカレリもピアソラの期待に答えるべく、初見で見事に弾きこなしたそうだ。” このカデンツァは、ピアソラの曲の中でも一二を争う技巧的なピアノパートなので、腕に自信のある方は是非一度挑戦してみてほしい。


***********************************************************************




これもライブで聴いていたら涙腺崩壊レベル。。。
こういう曲って本当に凄い。

真髄まで理解して演奏してみたい。(*^^*)






by pikininimusic | 2019-06-12 17:45 | Comments(0)  

Pikininiコンサートのお知らせ

Pikininiコンサートのお知らせ_c0350839_14071687.jpg
designed by Yuji san ✳︎special thanks


早くも5回目となる楽しい美味しいPikininiのアフターヌーンティ 〝旅する〟コンサートを、来たる23日(日)14:00〜 ニセコ駅前1号倉庫にて開催します!

テーマは旅なので、旅にまつわる曲、世界各地の名曲を集めました。

堅苦しくない、楽しいコンサートです。みんな来てね!!!(*^^*)




by pikininimusic | 2019-06-04 14:11 | Comments(0)  

いいね〜!

今晩は。

ルピナスの全盛期がやって来ました。
今年の5月は例年に比べると遥かに天気の良い日が多く、
ルピナスの全盛期が昨年に比べるとかなり早いです。

お花に囲まれるのはやっぱりいいね〜!
一年中こうだったらいいのに。と思うのですが、
短い間だからこそ、この時期を大切にしなきゃと思う気持ちもあります。


ところで、私のニセコの生活はとってもシンプル。

90%が Pikinini、音楽(バイオリン)、家族 で、
それ以外は時々ブログ、時々映画と読書

こう書くと多い!?

でも元々好奇心旺盛な私にとって、自分に集中している今に生活はとてもシンプル。
「足るを知る」ことを学び、周りに惑わされないこの集中力は、パプアニューギニアの生活で培ったもの。


いいね〜!_c0350839_22130567.jpg
いいね〜!_c0350839_22131827.jpg
いいね〜!_c0350839_22132749.jpg
いいね〜!_c0350839_22133996.jpg
photo by Kiyoe san ✳︎ special thanks


そんな今日は素敵な動画を発見したのでアップ。




左側の古澤巌さんは、バイオリンよりも短いチェロの弓を使っているそうな。
弓自体も短く持っているのでボーイング回数は多くなると思うのだけれど、、、
古澤さんもほんと楽しそうに演奏するなぁ。。





葉加瀬さん&古澤さんコンビ はこちらもご紹介。
これはかなり前の映像でお気に入りのひとつなのだけれど、

こういうのを見ると、

やっぱり音楽はいいなぁー。合奏はいいなぁー。となって、

余計なものや雑音はいらんわ。となる訳です。



と言う訳で、今日も幸せな1日でした。

皆さまも楽しい毎日をお過ごしくださいね!(*^^*)



















by pikininimusic | 2019-06-01 22:46 | Comments(0)